メインイメージ画像

マンション投資を検討してみませんか?

マンション投資を検討してみませんか?長年継続している経済不況のせいで、勤め先からの給与がいつ無くなってしまうかも分からないし、まして賞与が上がることはほぼ期待できないですね。将来の年金も頼りにならない高齢化社会になってきていますから、マンション投資をしてセーフティネットにしてはいかがでしょう。投資をしたマンションからは安定して収入が入りますし、もしもの時は転売することができます。経済的な安定を持つためにマンション投資について検討をしてみて下さい。不動産投資をしたら確定申告する義務が出てきますが、この場合、必要経費としてはどんな経費があるかまとめてみましょう。

大きく分けて考えると、固定資産税・都市計画税、改修費、損害保険料、管理会社の費用、弁護士費用、物件共用部分の水道代・電気代、建物の減価償却費、借入利子などが挙げられます。どれも、証憑類がいるので、領収書などの書類は保存しておくことが大切です。なお、償却費は実際にはお金は動かない費用になります。その費用は自分で算出する必要がありますから、その点だけ覚えておくと良いでしょう。不動産投資で人気がある物件はどのような物件があるでしょうか。

イメージ画像

高利回りの不動産、一棟モノの不動産、駅近・学校の近くなど周辺環境が整備されている物件、新築の不動産が主な人気物件です。それだけでなく、そういった物件の中でも、都内や大都市にある物件が取り立てて人気が高いと言えます。それは、経年によってハード面が時代遅れになっても土地そのものは評価が変動しにくく、さらに人口も十分に多いからです。ですから、価値の変動の可能性や空室のリスクがカットできるのです。不動産投資を始める時に投資会社はどのように会社を見つけたらよいのでしょう。

専業として不動産投資をする場合でも、不動産のメンテナンスは委託会社に任せることがほとんどでしょう。このことから、必要な建物の保守点検や入居者の募集、住民からのクレーム対応などの業務プロセスが整備されているのが最低限必要です。さらに、その業務内容と委託費用が妥当なものか、それとも割高か、確認してみましょう。投資会社によって空室状況が左右されるため、実績と信頼がある会社を選ぶようにするのがおすすめです。

更新情報