imageBLOG PARTS

imageBLOG PARTS

紹介予定派遣の仕組み

最近、わが国でも認知されるようになりつつある勤務形態に「紹介予定派遣」があります。 この「紹介予定派遣」の仕組みを詳しくご存知ですか。派遣期間を終えたあとに派遣先から直接雇用されることを原則として、最長6カ月間派遣社員として仕事をする仕組みのことです。
米国では、正社員雇用のおよそ4割がこのシステムによると言われています。 このシステムの利点としては、求職者が正式に入社する前に企業や日常業務の詳細について知ることができ、自分がめざしていることや性質に合っているかを突き止められる点があります。

さらに、1人きりで募集企業を探すより、情報を多く保有した担当者による助言を基盤にして、自分だけでは出合えなかったニッチなジャンルの優良企業などから応募企業を選別できるという特徴もあるといえます。
他にも、書類では伝えきれない几帳面さや働きぶりを採用側に見てもらうことができ、実務経験や知識不足を埋められるのもよい点として挙げることができるでしょう。
会社としては、正式に採用を決める前に職場環境を理解してもらうことで食い違いを防ぎ、人的また経費的な無駄を事前に防げる点が有効だといわれています。 けれども当然のごとく、良いことばかりではありません。
だいぶ認知されるようになってきたとはいえ、このシステムを実際に活用している企業はいまだ多いとは言えないのが現状です。

つけ加えるに、派遣期間後の直接雇用が事前に示される条件であるものの、違うことなく採用されると確約されているわけではないのです。 企業側から採用を見送られることもあります。
さらに、直接的な雇用関係を結ぶといっても必ずしも社員として採用されるわけではないという点には自覚が必要です。 契約社員やアルバイト雇用の場合もあるので、派遣の契約中や満期になる間際には、派遣元と派遣先と三者にて各種条件面についてしっかり確認することが欠かせません。
派遣で働いている間は「正式に採用されたい」と焦らずに、職場の方たちの働きぶりを観察し、自分が採用された場合、どう思うか思い描きながら勤務するようにしましょう。

「派遣だから」と消極的に思わずに、自分から意識的に仕事に取り組むことで、嘘偽りなくやりたいことなのかどうかがみえてくるはずなので、率先して取り掛かると見極める際の材料となるはずです。
その姿は、企業への良い印象づけにもなるでしょう。大事なのは自分が思う最良の企業に就職すること。自分自身も会社も企業も双方が満足のいく転職を実現できると良いですね。

imageBLOG PARTS